LINEで好感度を上げ、脈ありにするメッセージの送り方

飲食店デート攻略法

大塚良介です。

ソムリエである僕が役20年間飲食店で接してきたカップルやモテ男たちの言動をもとに、デートで使えるテクニックについてお伝えさせていただきます。

僕はこのブログで何度も言っていますが、基本LINEは減点方式であり地雷原なので、できるだけLINEでのキャッチボールはしないほうがいいです。

あくまでもデートの約束をするためのツールとして使うべきだと言っています。

それでもやはり、同じ職場や学校でないと話す機会が少ないし、デートをしてもらうまでも行かない方も多いはず。

そこでLINEでのやり取りで好感度を上げ、脈ありに持っていくメッセージの送り方について記事にしました。

それではいきましょう!

書籍『モテ男がやっている!また会いたいと思わせる飲食店デート攻略法』好評発売中


質問せずに決めつける

LINEやDMで会話が続かない人の特徴として、質問がすごく多いんです。

仕事何してんの?

何時まで働いてるの?

いつが休み?

これはもう尋問です。

質問というのは基本答えにくいものです。

そういう時は決めつけたほうが実はいいんです。

例えば

仕事って美容系じゃない?

えっ!なんでわかるの?

美容クリニック系じゃない?

いや、化粧品を取り扱う会社だよ

身だしなみが整っていてきっちりしてそうだから

ええそうかなぁ、初めて言われた

みんな口にいちいち出さないだけで、そう思ってるよ

といった風に決めつけることで、それが間違っていたとしても、相手が「何でそう思うの?」と理由を気にするため話が広がります。

そして、さりげなく「身だしなみが整っている」「きっちりしてる」と褒めてることで相手女性も悪い気はしません。

他の理由として、「親しみやすいから接客業と思った」「キレイだから」など褒め理由はいくらでも作れます。

ランキング化する

この目的は

・回答を絞りやすくすること

・ゲーム性を付けて会話を盛り上げること

があります。

例えば

好きな映画のジャンルトップ3は?

アクション、バラエティ、SFかな

それ男じゃん(笑)

と盛り上がることもできますし、

おれもSF好き!SFだと何が好き?

マトリックス好きだなぁ

え、俺も好き

と共通点をアピールして盛り上がることもできます。(実際マトリックスを見たことがなくても、スマホで検索して2分調べたら大体の内容はわかります)

そして先述した「決めつけテク」も使って、「絶対SF好きでしょ」と振ってもいいでしょう。

画像を送る

合っている時と比べて、メッセージだけだとなかなか伝わりにくいのでおもしろ画像を送るのもいいです。

相手がイメージしやすいものだと感情の共有もしやすいものです。

スタンプはみんなが使ってるので独自性がなく印象に残りません。

実際には今のシチュエーションに合う画像を送ってください。

お腹すいたー。お肉食べたい

こいつら食う?

かわいそうで食べれない(笑)

というような会話や

疲れたー

これ食べたら元気になるよー

いやだー無理(笑)

という風に画像を送ることで雰囲気だけでも和やかにすることができます。

スタンプや絵文字は相手に合わせる

女性は男性が使うスタンプや絵文字に厳しい方が多いようです。

可愛いスタンプを男性が使うことで喜ぶ女性も中にはいますが、基本的にはあまり使わないほうがいいです。

「で、結局どうすればいいの?」と思った方は最初は相手に合わせていることがバレないように、スタンプ・絵文字の可愛さレベルや使用頻度を合わせてください。

基本的に人は自分と似た部分がある人に対して親近感を持つようになります。

もうすでにその好きな女性とやり取りしてる方は、トーク履歴をさかのぼって確認してみてください。

ペーシング

会話のボリューム、行数、吹き出しの数、返信の早さを相手に合わせることで、こちらも類似性の法則が働き、相手に親近感を持ってもらうことができます。

例えば相手が3行で送ってきたら3行で返す。

相手が10分で返して来たら自分も10分空けて返すなど。

特にそこまで親しい関係でない人から長文メッセージを送られてくると「うえっ!」てなりますよね。

もし同性の友達でもいいのでウマの合う友人とのLINE履歴を見てください。

無意識のうちにペーシングができているかと思います。

恋愛でも一緒で気の合う人とは無意識にペーシングできるものです。

同時並行で行われる話題の数は多くても2つまで

今日映画の○○を観に行ったんだけど面白かった。生きることについて考えさせられたよ

明日も朝早いよねー、出張久しぶりだから緊張するなぁ

あ、それより今度の連休だけど何するの?

というような複数の話題をすることはお勧めできません。

できるだけ発展性のない話題はしないようにしましょう。

1つか2つに絞ってください。

相手が複数の話題を振ってきたときも、一だけ答えて後の質問は流すようにしてください。

そうすることで一つの話題で盛り上がり、楽しい印象を与えることができるのです。

LINEでは明確な好意を見せない

恋愛において好きバレすることは悪くはありません。

でもそれは直接会ってうまくいくための好きバレなら大丈夫なんですが、LINEではなかなか伝わりにくく、微妙な雰囲気(関係)になりやすいのです。

何回も言いますがLINEは会うためのツールであり、好意は直接会って伝える(匂わせる)方がいいです。

相手に好意を伝えすぎてしまったり、ましてや相手をメッセージだけで惚れさせようとしてもダメ。

相手があなたのことを好きな場合ならどんなメッセージを送ってもかまいませんが、特に好きでもない場合、あなたからの好意メッセージは相手女性にとって重たすぎます。

メッセージのやり取りをするときはそこまで考えてしないと一瞬で「キモイ男」に降格するので注意してください。

相手が興味をもっている話題にする

これは直接話をするときも一緒です。

人は自分に関することにしか興味はありません。

好きでもない男の「俺話」にはもっと興味はありません。

「僕の仕事は」

「僕の趣味は」

「僕の考えだと・・・」

ではなく

「あなたの仕事は・・・」

「あなたの好きなことって・・・」

「あなたはどう考えますか?」

というように

会話の主語を「I」ではなく「You」で話すことです。

そうすれば相手は退屈しませんし返信しやすいです。

相手のことがわからないうちは外食、スイーツ、旅行の話題にすると盛り上がりやすいと思っておいてください。

その人の年齢などでもっと細かく想像できるので、調べてみてください。

追撃メッセをしない

相手から返事が来ない場合の対応策は放置です。

追撃メッセをすると相手は潜在的にあなたは下に見られてしまいます。

仮にそれで返事がきても中長期的にいい関係は継続しません。

もし数日返事が来ない場合は全く違う話題でメッセージを送ってみてください。

忘れているだけの場合もありますが異性とのやり取りでの追撃メッセは絶対NGです

(ビジネスの場合はOK)

確実に会える誘い方をする

LINEをする目的は会う約束を取り付けるためです。

さらに先の目的は直接会って好感を持ってもらい、その女性と付き合うことです。

ですのでここで確実に会える誘い方のポイントをお伝えします。

・誘う日は1週間以内に設定する(先過ぎると予定や気分が変わる可能性があるため)

・ピンポイントの日程を提案する(〇日〇曜日の19時から)

・合う理由をつける(渡すものがある、見てもらいたいものがある、男一人では入りにくい店)

もし断られた場合理由を詮索せずにすぐに話題を変えてください。

そうすることで自分が気にしていない感が出なくていいです。

そして数日置いてまた別の切り口で誘ってみて下さい。

何回誘っても断られるし、代替えの日を提案してこない場合は、「もう誘わないで」サインなので、それを見極める判断力も必要です。

まとめ

・質問せずに決めつける

・ランキング化する

・画像を送る

・スタンプや絵文字は相手に合わせる

・ペーシング

・LINEでは明確な好意を見せない

・相手が興味をもっている話題にする

・追撃メッセをしない

・確実に会える誘い方をする

LINEは使い方は簡単ですが地雷の多いツールです。

しっかりと考えてやり取りをしてください。

それではまた。

書籍『モテ男がやっている!また会いたいと思わせる飲食店デート攻略法』好評発売中


コメント

タイトルとURLをコピーしました