いい人どまりの男性の特徴と脱出法

飲食店デート攻略法

大塚良介です。

ソムリエである僕が役20年間飲食店で接してきたカップルやモテ男たちの言動をもとに、デートで使えるテクニックについてお伝えさせていただきます。

いつもいい人・友達どまりで終わってしまう男性っていますよね。

とてもいい人なんだけど・・・

という意見をよくききます。

でもこれはかなりポジティブな意見です。

女性というのは男性と違い異性の好き嫌いがはっきりしています。

よく生理的に受け付けないという言葉聞きますよね。

本能的に「この人無理」と思われたら、デートなんて絶対してくれないし、半径1メートル以内に入らせてくれないし、LINEの返事を返してくれないどころか、ブロックされてしまいます。

食事に付き合ってくれるだけまだまだ未来の可能性があるという事

そして「ただのいい人」と「恋愛対象の人」まではあと一歩の距離です。

もしくはたったの1分、ほんの一言で一気に恋愛対象になれるとこまで来ています。

だから「いい人」というのは大チャンスです。

今回はそんないい人どまりの男性の特徴と脱出法をお伝えします。

それではいきましょう!

書籍『モテ男がやっている!また会いたいと思わせる飲食店デート攻略法』好評発売中


「嫌われたくない」が強い

いい人だからこそコミュニケーションもしっかり取れ、女性と会話できます。

でも男女の関係になってもう一歩先に進むとなった時に、何か物足りないと思われてしまうのです

そう思われる原因というのは、あなたが「女性に嫌われたくない」という気持ちを持っているからです。

もちろん誰にだって嫌われたくないと思うのが普通です、たとえ相手が同性だとしても。

でも「嫌われたくない」という気持ちが強いことであなたらしさをアピールすることができなくなってしまうんです。

よく

「友達同士なら話せるんだけど・・・」

「相手がしゃべってくれたら話せるんだけど・・・」

て言いう人がいますが、目の前に女性がいて普段通り話せなくなるのはやはり嫌われたくないと思っているからなんですね。

嫌われないような行動をすることで嫌われる、もしくは何も印象に残らないつまらない男性に映ってしまいます。

もう今日から「嫌われないようにしよう」という気持ちは捨ててください。

そのままでいいんです。

というよりむしろ女性には「好かれる」「嫌われる」のどちらかでいいです。

ありのままのあなたでいるともしかしたら、9割に嫌われるかもしれません。

でも恋愛は1割の人に好かれたらいいんです。

そのくらいの気持ちでいましょう。

相手に合わせすぎる

恋愛の基本としてペーシングがあります。

ペーシングとは相手の行動や呼吸に合わせることにより「同じである」を多く感じ好感を持つ基本テクニックです。

例えば歩くスピード、話す声のボリューム、スピード、食べるスピードなどがあります。

これは合わせてもかまいません、というより合わせるべきです。

ここでいう相手に合わせすぎない、相手に好かれたいという気持ちから、全て相手の意見に「Yes」になってしまい自分の意見を言えなくなることです。

例えば

「何食べたい?」「どこ行きたい?」「いつがいい?」という風にお伺いを立てられると女性は冷めてしまいます。

女性はいくつになっても男性に引っ張てもらいたいと思う生き物です。

「僕は和食の気分だけどあなたは?」

「僕は営業先からだから梅田のほうが都合がいいけどどう?」

「来週なら早く仕事終わるからゆっくり会えるけどどう?」

という風に自分の意見を主張しながら相手にも聞く(合わせる)と女性も意見を言えるものですし、優しいと感じてもらえます。

自分の主張ばかりでもいけないし、主張をしないのもいけないし、難しいですが、意識すればすぐに慣れます。

思っていることを言えない

これも男女ともにそうなんですけど、「好かれたい」「嫌われたくない」という気持ちが先行することで何も言えなくなります。

意外かもしれませんが、思っていることをズバッと言ってくれる人って信用に値します。

例えば「スイーツバイキング行きたい」と女性に言われて、正直に「甘いものが苦手」と言えずにバイキングに行ってしまうとします。

でも女性はただスイーツを食べたいのではなく、相手の男性と一緒に好きなものを食べて「美味しいね」と笑って言い合いたいのです(たまに食べ物だけが目当てで男性を誘う女性もいます)。

そんななか我慢しながら甘いものを食べてる方もストレスがたまるし、それを知った女性もつまらないですよね。

はっきりと思ったことを伝えてください。

今回の例だと

「ごめんね、僕は甘いものが苦手なんだ。カフェでどう?スイーツメニューがあるからそこから好きなだけスイーツを選んだらいいし、僕はコーヒー飲みたいし・・・」と提案することでお互いガマンする必要がなくなります。

まとめ

・「嫌われたくない」が強い

・相手に合わせすぎる

・思っていることを言えない

この3つに共通することは弱気な姿勢です。

女性は気遣いしてほしいけど、それよりも男らしい言動を恋愛対象の相手に求めます。

わざと嫌われる必要はありませんが好かれようとして媚びてしまわないように気を付けてください。

それではまた。

書籍『モテ男がやっている!また会いたいと思わせる飲食店デート攻略法』好評発売中


コメント

タイトルとURLをコピーしました