【モテ男の特徴】アラフォーオヤジが年下女性に近づくコツ

飲食店デート攻略法

大塚良介です。

ソムリエである僕が約20年間飲食店で接してきたカップルやモテ男たちの言動をもとに、デートで使えるテクニックについてお伝えさせていただきます。

いくつになっても恋はしたいですよね。

年を重ねて、経済的にも豊かになってきたのに、若い女性と接点がなくなかなかデートに誘えないもの。

自分はオヤジだし、年下女性は相手にしてくれないだろうと思いがちですが、まだまだあきらめてはいけません。

20代、30代の男性にはない魅力がオヤジにはあります。

そこをアピールすれば、草食男子に飽きている女性にはかなり効果的です。

そんなアラフォーオヤジの魅力のアピールの仕方を紹介したいと思います。

それではいきましょう!

書籍『モテ男がやっている!また会いたいと思わせる飲食店デート攻略法』好評発売中


デート代はすべて払う

年下の女性とのでーとでは全額男性が出してください。

女性には1円も出さないくらいのつもりでいたほうがいいでしょう。

なぜ男性が出したほうがいいのか。

話は数百万年前に溯ります。まだ言葉がない時代。

ヒトは15~30人くらいのコミュニティ(群れ)を作って生活をしていました。

オスは山へ行き木の実を取ったり、川で魚を捕まえたり、山で鳥や猛獣を捕まえてくる狩りが仕事でした。

その間メスたちはコミュニティに残って子供の世話をしたり食事の用意をしています。

だからオスが獲物を取ってこなければ生きていけないわけですよね。

だから獲物を捕る能力のあるオスの第一夫人になりたいという欲求があるんです。

能力のあるオスと一緒になれば、生物の欲求である「生存(死にたくないという本能)」と「生殖(子孫を繁栄させたい)」を手に入れることができるからです。

そして強くてたくましいオスと交尾することによって優秀な遺伝子を取り入れ、子供を産み、育て、そしてその子供もまた優秀な子供を作り繁栄させたいとメスは遺伝子レベルで求めているんです。

更に顔の作りが美しいと子供も綺麗な顔になり交尾を求められやすくなり繁殖に繋がります

時は流れ・・・現代。

とても便利な時代になりました。命を懸けて危険な狩りに行かなくてよくなったのです。

その代わり食料や安全な生活・子育てをする為の家を手に入れるためにはお金が必要になったわけです。

「勉強ができる」「コミュニケーション能力が高いこんな男性がモテるのは仕事ができるからであり、昔で言う獲物であるお金を持って帰ってきてくれるからです。(背の高い男性や力の強い男性は人気があるのはその狩猟時代のDNAが組み込まれているからなんです)

イケメン(美女)に惹かれるのも、自分の子孫が容姿に恵まれたほうがより子孫を残せる可能性があるから惹かれるわけなんですよね。

ということでレストランの会計を出してくれる男性というのは女性にとって自分または自分と子供を守ってくれる頼りがいのある人と見るのです。

これが会計を男性が出すべき理由です

奢ってくれる男性と割り勘にする男性どちらが男らしく見えるか、どちらがカッコいいと感じるか。

「2割だけ出して・・・」と格好悪い姿を晒すくらいなら、がんばって全額出してください。

そして若い男性との差をつけるテクニックでもあります。

人生相談に乗る

若い男性とは違うのは、なんといってもその経験の豊富さです。

仕事やプライベートにおいてこれまで、年下女性の倍以上の経験があるはずです。

あなた自身も若いころに比べて、トラブルに対処できたり、精神的にも安定して余裕ができたのではないでしょうか。

もし意中の女性が困っていたらその豊富な経験をもとに悩みを聞いてあげましょう。

女性が年上男性に悩みを打ち明けるときは、アドバイスを求めているというよりも、ただ話を聞いてほしいという思いがあります。

改善策を見つけるよりも、女性の精神状態を安定させてあげることが先です。

彼女の悩みに「つらかったね」「がんばったね」という優しい言葉をかけてあげ、ひたすら共感してください。

アドバイスをするのは、彼女の精神が安定してきて、ある程度信頼関係が築けてからにすること。

女性は自分の話を聞いてくれる男性に安心し、自分でも気づかないうちに求めているようになるのです。

スーツを格好よく着こなす

すべての年代の男性で共通するのはスーツ姿が一番格好いいという事。

スーツを着こなすことで、頭がよさそうで、仕事ができそうに見えるんですよね。

でもスーツが似合う似合わないかが何で決まるかというとサイズ感です。

もうこのサイズ感がすべてと言っても過言ではないくらい大事です。

スース姿がダサい、だらしないと思うのはそれはすべてサイズが合っていないからです。

ダサいスーツなんてありません。

ポイントは体にフィットしたスーツにすること。

年を取ると出っ張ったお腹を隠すために、少し大きめのサイズの服を選びがちですが、これがダサく見える原因です。

意識としては少しきつめのものを選ぶくらいの感覚がいいでしょう。

洋服店で採寸してもらうのがベストです。

あとどんなに高級なスーツを着たところで清潔感がなければおしまいです。

シャツにしわが入っていたり、汚れていると一気に女性は引いてしまいます。

こまめにクリーニングに出すようにしてください。

LINEのメッセージはシンプルに

「おじさんLINE」という言葉があります。

オヤジは若い女性にメッセージを送るとき、合わせようとしてかわいいスタンプや絵文字を送りがちです。

残念ながらこれは笑いの対象となってしまいます。

絵文字を多く使ったり「?」や「!」を絵文字で送ると無駄にテンションが高い印象になります。

あとやたらと長い文章を送るのもNGです。

自分をアピールしたい気持ちはわかりますがLINEはあくまでも連絡を取る手段に使うことをお勧めします。

なにかと地雷の多いLINEは減点方式。

LINEであなたの評価をアップすることはできません。

メッセージはシンプルに短文で。

顔文字、絵文字はたまに送るくらいにしておきましょう。

そのほうがクールでよりカッコいいオヤジを演出できます。

女性に非日常を与える

オヤジができて、若い男性にできないことが女性に非日常の体験を与えることです。

会話や言動で自分をアピールするよりも、女性に未知の体験をさせてあげることで、特別な男性となるのです。

この人となければこんな素敵な体験はできないと思わせたら勝ちです。

例えば夜景の見えるレストラン、雰囲気のあるジャズバーなど行ったことがある女性は多くありません。

格好つけてると思われたり、カジュアルなお店のほうが落ち着くという女性もいます。

でも若い草食男子というのはそんな演出はしようとしません。

年齢を重ねた紳士なオヤジのエスコートで、うっとりしてしまう女性も多いのではないでしょうか。

非日常を提供することで若い女性とデートを重ねることが可能になります。

相手の好みや性格をよく把握し、喜んでもらえそうな所へ案内してください。

まとめ

・デート代をすべて払う

・人生相談に乗る

・スーツを格好よく着こなす

・LINEのメッセージはシンプルに

・非日常を体験させる

書籍『モテ男がやっている!また会いたいと思わせる飲食店デート攻略法』好評発売中


コメント

タイトルとURLをコピーしました