非モテがモテ男になるためのすぐ実践できる褒め技

飲食店デート攻略法

大塚良介です。

ソムリエである僕が約20年間飲食店で接してきたカップルやモテ男たちの言動をもとに、デートで使えるテクニックについてお伝えさせていただきます。

今回は超初級編の「褒め」です。

初級なら俺だってできてるよ

という声が聞こえてきそうですが、残念ながらほとんどの男性ができていません。

この基本が確実にできるようになれば上級褒めテクニックもすぐにマスターできます。

それではいきましょう!

書籍『モテ男がやっている!また会いたいと思わせる飲食店デート攻略法』好評発売中

褒める

人は褒められることで脳内物質のドーパミンが分泌され気持ちいい状態になります。

ギャンブルから抜け出せない人も、アルコールを毎日飲むのをやめれないこともこのドーパミンの影響によります。

大当たりしてるとき、酔ってる時のドーパミンが出てる状態に依存してやめれないのです。

褒められることで病的に恋をすることはありませんが、あなたといて幸せな気持ちになる感覚は女性の脳に植え付けることができます。

褒める時のポイントは3つあります

女性の外見のこだわり部分を褒める

まず知り合って間もない相手だと内面はわかりません。

でも会った瞬間にまず一つ褒めることで第一印象がアップして、この後のデートを有利に進めていくことができます。

だからまずは外見を褒めること

かと言って身体的な特徴を褒めてはいけません

「細くてスタイルがいいね」

「背が小さくてかわいいね」

など。

あなたはポジティブな褒めをしているつもりでも、本人はコンプレックスを持っている場合があります。

できればファッションや髪型などの女性のこだわり部分を見つけて褒めることです。

「帽子が夏っぽくてかわいいね」

「イヤリングが似合ってる」

など。

瞬時にそのこだわりを見つける練習が必要ですが・・・。

電車の中で見かけた女性で練習してください(もちろん頭の中で)

もしオンラインで知り合い、初対面であれば

「写真で見て思ったより全然きれいでびっくりしました」といった容姿を褒めてもいいでしょう(実際にきれいと思わなくてもこれを言うとけばOK)

本人が気づいていない内面を褒める

人は誰もが二面性を持っています(アンビバレンスの法則)。

内面と外面です。

周りに「元気だね」と言われる女性はたいていうちにある「闇」のようなものを持っています。

一見か弱そうな女性でも内に秘めた闘志のようなガッツを持っている場合もあります。

でもそんな二面性を見抜けないよー

と言いたくなりますよね。

そんなときの必殺技です。

誰にでも当てはまる誉め言葉を使います(バーナム効果)

占い師がよく使うテクニックなのですが

「どうでもいい人に好かれる傾向がありますよね」

「明るい性格ですがいつも悩み事を抱えてますね」

「過去に大失恋をしましたね」

など。

ほとんどの女性がこれに当てはまります。

でもこの人は私のことをわかってくれていると感じて信じ切ってしまうのです。

男性が女性にいう褒めとしては

「周りに流されそうに見えて自分の芯をしっかり持っているね」

「気配りが上手だから頭がよさそう」

「言動が全部相手を思いやってるね」

など。

もし女性に否定されても、「僕はそう思う」と言い切ってください。

人に主観は否定できないですからね。

たとえ間違っていたとしても言われた側は悪い気はしないものです。

人は自分に都合のいいことを真実だと思い込む性質(確証バイアス)がありますから。

これは普段「美人だね」「かわいいね」と言われまくっている美人には効きます。

美人は毎日褒められて「かわいい」なんて聞き飽きてますし、自分でも知ってます。

「あー、またこいつも顔かぁ」と思われて何の印象も残りません。

そんな時に自分の内面、しかも自分でも気づいていない性格を褒められると、この男性はその他大勢の男と何か違うと思われ、特別な存在として気にしてもらえます。

感謝の気持ちを込めて褒める(存在を承認する)

承認とは、相手の存在、変化、成長、成果に気づいて、それを言葉にして伝えることです。

細かく分類すれば「承認する」ことは「褒めること」とは別物なのですが、ここではわかりやすいように相手を承認する褒め方として紹介させていただきます。

人は誰もが承認されたいと思っています。

認められたいし、気づいてほしい。

だから初対面でもまずは承認の言葉を伝えるのです。

デートの場合だと

「今日は来てくれてありがとうございます。この日をとても楽しみにしていました」

これだけで十分です。

相手女性は自分を承認してくれた上に、感謝までされている。

「ただ待ち合わせ場所に来ただけなのに・・・」と嬉しい気持ちになります。

あとは

「僕との食事のためにわざわざ足を運んでくれただけで幸せです」

で存在を承認したり

「おしゃれをして来てくれて嬉しい」と伝えることで

「このデートのためにどの服装にしようか悩んだけど、そこに気づいてくれたことが嬉しい」という感情が出てきます。

気を付ける点はあまり言いすぎると「媚びている」と思われると、一気に恋愛対象から外れてしまうので気を付けてください。

何度かあったことがある相手なら

「髪型変わったね」

「以前より表情が明るくなったね」

といった変化、成長を承認すること。

この承認を自然とできるようになればモテ男にかなり近づいたことになります。

まとめ

・相手の外見のこだわり部分を褒める

・顔や体型など身体的特徴は褒めない

・内面と外見のギャップを褒める

・感謝の気持ちを込める

・存在を承認する

・相手の努力(おしゃれ)を承認する

・変化、成長を承認する

これらは頭では理解していても、いざ女性に合ったときにすぐこだわり部分を見つけれなかったり、考えすぎて表情がこわばったりと、すぐ実行できません。

初級編と言っても難しいですね。

でもこの「褒め」を極めるには実践するしかありません。

たくさんの女性とデートをして自然と誉め言葉が出てくるようにしてください。

それではまた。

書籍『モテ男がやっている!また会いたいと思わせる飲食店デート攻略法』好評発売中

コメント

タイトルとURLをコピーしました