【必ず落ちる】ワンランク高いレベルの会話

飲食店デート攻略法

大塚良介です。

ソムリエである僕が約20年間飲食店で接してきたカップルやモテ男たちの言動をもとに、デートで使えるテクニックについてお伝えさせていただきます。

モテ男になりたいならデート中の会話を学ばないといけません。

僕のブログでも会話については何度も紹介してきました。

女性に多く話させる、恋愛の話をして想像させる、共感する、承認、相槌、リアクション、質問などは基本中の基本であり、もう皆さんにはマスターしていただいてるかと思います(笑)

今回はその基本編の一歩上をいく会話のテクニックの紹介です。

それではいきましょう!

書籍『モテ男がやっている!また会いたいと思わせる飲食店デート攻略法』好評発売中

秘密を共有する

秘密という言葉を聞いただけでドキドキを感じます。

人はやってはいけないことをしてしまったときや他人に話していないことを話した時に脳内物質のドーパミンが分泌され気分が高揚します。

これを心理学でカリギュラ効果と言います。

たとえば不倫や学校の先生などの禁断の恋なども秘密を共有しているから興奮するわけです

隠れて吸うたばこが美味しいのもそうです。

これもドーパミンの影響により美味しい料理を食べているときやセックスをしている時のような快感が援助しているからです。

ワンランク上の会話とは相手にドーパミンを分泌させるために秘密の話をする会話です。

ではどうやって秘密を共有すればいいか見ていきましょう。

自己開示をする

まだ親しい間柄ではない異性に「僕に秘密を打ち明けてごらん」といったところで「は?なんでやねん」となります(笑)

当たり前ですよね。

無条件に秘密を話してはくれません。

ではどうすればいいか。

それは自己開示をすることです。

まずはあなたから自分の話をして、徐々に人にはあまり話さないようなことを話してください。

特に恋愛の話から持っていくといいでしょう。

波乱万丈の人生を送って送ってきた方ならその話でもいいですが、(小学生の時に父親が失踪したとか母親が不倫相手とキスしているところを見てしまったとか・・・)少し重たいですよね(笑)

あなたの過去の恋愛の笑える失敗談なんかを交えながら話すことで相手も自己開示をしてくれるようになります。

そうすればあなたからの質問で徐々により深い秘密を話させるように誘導していけます。

たとえば

初恋の話 → 初めて告白した(された)話 → 直近の恋愛の話 → 性に対してのイメージ、考え方など

という風に質問して話すことで「こんな誰にも言ってないこと話すなんて恥ずかしい」と思いながら、話せたことでスッキリしているものなのです。

そして「なんで私はこの人に対して秘密を打ち明けているのだろう?」という疑問を「私はこの人が好きだから(信頼しているから)秘密を打ち明けたのだ」と脳が埋め合わせをしようとして実際に好きになってしまう事になるのです。

これを心理学で言う認知的不協和の解消と言います。

ですので自己開示をさせることを意識してみてください。

女性の話を聞く → あなたの話をしながら徐々に自己開示をする → 女性に自己開示をさせる → あなたの秘密を話す → 女性の秘密を話させる

という長い工程がありますので、長い目で見るといいでしょう。

初デートで秘密を話させるよりかは2、3回デートを重ねてからでもいいかと思います。

本音と建て前をセットにする

たとえばあなたがカメラの営業マンだとしてお客さんに商品を進めるときにカメラのいいところを説明します。

そこでさらに推したい場合は商品の短所も伝えるんです。

「このカメラは映像がきれいで軽くて持ち運びやすいんですけど唯一欠点なのが、充電時間が少し長く必要なことです」

ということでこの人は商品の裏側(秘密)を教えてくれた。

正直な人だなと思って信頼してくれるようになります。

だからデートでも他人にはあまり言わないような自分の悪いところ、短所(秘密)を打ち明けることで相手も心を開いてくれやすくなります。

承認欲求を満たす

相手女性が喜ぶような行動をした時に始めて自分を異性として接してくれるようになります。

ではどういう時に喜ぶかというとそれは心が満たされたときです。

具体的には承認されることにより安心感や充実感、自信を得ることができます。

そして人は他人から承認されたい欲求を持っています。

でもどうやって承認すればいいのか。

第一段階の承認

承認にはいろいろな種類がありますが、デートの場面でいうとまずは存在を承認すること

「来てくれるだけでうれしい」

「あなたに会えるのを楽しみにしていた」

この言葉だけで自分は存在しててもいいんだと思えてうれしいものです。

第二段階の承認

相手の行動を承認する

例えば相手女性が「今日クライアントの前でのプレゼンを褒められた!」といったとします。

その時に相手が男性なら「プレゼンが成功してよかったね」と結果を承認します。

でも相手が女性であれば「いつも遅くまでリサーチしたから結果が良かったんだね」結果が出るまでの経過を承認する

男性は結果、女性は経過を認められると心が満たされます。覚えておいてくださいね。

他にも

「甘いものを食べたくても毎日我慢し続けたからダイエットがうまくいったんだね」

「相手最優先で気持ちを考える習慣があったから、相手からの信頼を得れたんだね」

など。

「褒める」と「認める」というのは微妙に違うということを知っておいてください。

第三段階の承認

特別な存在であると承認すること

他の誰でもないあなただから僕は承認しますといった意味です。

「あなただからできた」

「あなたにしかできなかった」

「あなたならできる」

といった承認。

これが一番女性は満たされるのではないでしょうか。

この三段階の承認を一つのデートの中で小出しにして承認する。

それによりドーパミンが分泌され気持ちいい状態になります。

その気持ちい状態にしてくれる男性に恋をするのです。

まとめ

秘密を共有する方法

・自己開示する

・本音と建前のセット売り

承認欲求を満たす会話

・存在を承認する

・行動を承認する

・特別な存在だと承認する

今回はワンランク上の会話テクニックをお話ししました。

もし会話の基本はもう完璧という方はぜひ応用してみてください。

それではまた。

書籍『モテ男がやっている!また会いたいと思わせる飲食店デート攻略法』好評発売中

コメント

タイトルとURLをコピーしました