【成功者がやっている】モテ男の5つの習慣

飲食店デート攻略法

大塚良介です。

ソムリエである僕が約20年間飲食店で接してきたカップルやモテ男たちの言動をもとに、デートで使えるテクニックについてお伝えさせていただきます。

今回はモテ男の習慣について。

モテる男は無意識でモテるための立ち居振る舞いができます。

それは家で一人でいるときも、男友達といるときでも実践しており習慣になっているからです。

日常のあなたの姿はデートでも自然と出てきます。

是非この記事を読んで身につけてください。

それではいきましょう!

書籍『モテ男がやっている!また会いたいと思わせる飲食店デート攻略法』好評発売中

外見

清潔感

清潔感というと

「毎日シャワー浴びてるから大丈夫」「毎日歯を磨いてるから大丈夫」という人がいますがそうではありません。

実際に清潔というのは当たり前であり、清潔そうに見えることが大事なんです。

年齢を重ねるほどに肌はきめ細やかさがなくなり不潔感が出てくるものです。

肌荒れやガッサガサの唇、整えていない髪やひげなどで女性は嫌悪感を抱くもの。

毎晩乳液を使ったフェンシングやリップで肌、唇を整える。

紙は短髪にしておき出かける際はジェルやワックスなどの整髪料を付けて整える。

ひげも生やすならほったらかしにせずに整えましょう。

おしゃれ

服装も女性が重要視する清潔感に当てはまるかと思います。

流行を追うのは悪いことではないのですが、ファッションはまた別です。

若者には若者に似合うファッションがありオヤジにはオヤジに似合うファッションがあるからです。

それを理解せずにただ雑誌に載っている流行だけを追っているとただの若作りしたイタいおっさんになってしまいます。

明るいカラーを取り入れたり、さわやかさを出す。

そして高級感は出しすぎないように。

まずはお店で女性店員にお勧めを聞いてみることから始めるといいでしょう

聞き力

男性と女性では脳の作りから考え方まで全く違っています。

「会話」ついては特にそう。

男性の会話はの目的は「解決」であり一つの結論に向かって話をする特徴があります

一方女性は会話をすること自体が目的であり、ただ話したい、ただ聞いてほしいという気持ちがあります。

ですので女性の話をただ笑顔で「うんうん」と頷きながら話を聞いてくれる男性はほとんどいないし、いれば圧倒的に女性に求められる人になります。

そのためには聞き上手になることです。

でもただ黙っているだけでは女性もしゃべれません。

コツは会話の主語を「I」ではなく「You」にすることです。

例えば

「僕の仕事は~」「僕の趣味は~」「僕の性格は~」

ではなく

「あなたの仕事は~」「あなたの好きなことは~」「あなたの話し方って~」

と会話の主役を相手の女性にすることを意識してください。

その次は質問力。

女性がついしゃべりたくなる質問をところどころに挟みながら聞き役に回ってください。

決してアドバイスをしてあげようとせず、結論を求めない

笑顔でうなずくことで、女性はどんどん心地よくなるのです。

これができれば上位10%のモテる男性になれますよ。

ペーシング

ペーシングとは相手の話し方や状態、呼吸などを合わせることです。

心理学ではコミュニケーションスキルの一つであり、ペースを合わせることにより心地よさ、親近感、信頼を得る行為と言われています。

デートの場合だと

・歩くスピード

・食べる、飲むペース

・話すスピード

・声の高さ、大きさ

等があり、レベルの高いものになると瞬きのタイミングや呼吸のペースもペーシングと言われています。

相手にペースを合わせるということは相手を思いやることです。

相手が今何を考えているか、自分に何を求めているかを想像して行動するようにしましょう。

与える力

大昔で言う獲物を獲ってくる能力のあるオスというのは、現代でいうとお金を稼ぐ能力のある男性です

メスは自分や子供を食べさせてくれるオスがいなければ死んでしまいます。

食べ物、優しさ、強さを与えてくれる(分配してくれる)オスがモテます。

そのDNAは現代でも残っています。

だからお金(食料)を獲ってくる男性はモテますし、仕事ができる、勉強ができる、スポーツができる男性もそう

デート代は必ず出すこと。

そして、笑顔、優しさを見せ、時には小さくてもいいのでプレゼントを用意する。

そうやって自分い何かを分け与えてくれる男性に女性は惹かれるのです。

9:1の法則

女性は少しミステリアスな男性に惹かれます。

かと言って変人を演じたり、サイコパスな男になれというわけではあえりません。

例えば自己開示をするにしても100%全部さらけ出してはいけません。

90%出して10%隠す。

デートのお店を決めるときも10回中9回は自分で店を決めて、1回は女性に決めてもらう。

優しいだけではなく10回に1回は怒る(そぶりを見せる)など、少しつかみどころのないということを見せておくといいでしょう。

そして女性に対して好き好きアピール100%でも0%でもダメです。

「私のこと好きなのかな?多分好きではいてくれているのだろうけど・・・どうかな?」と考えさせてください。

人は相手のことを考えれば考えるほど、脳が「こんなに考えるのは相手のことが好きだからだ」という錯覚を埋めようとして、実際に好きになってしまうのです。

まとめ

・外見を磨く 清潔感と服装

・聞く姿勢 女性の話をよく聞いてしゃべらせる

・ペーシング 相手に合わす

・分け与えること

・9:1の法則 全部を出し切らない

いかがでしたか。

これらをぜひ習慣にしてデートの際に無意識で行動できるようにしましょう。

それではまた。

書籍『モテ男がやっている!また会いたいと思わせる飲食店デート攻略法』好評発売中

コメント

タイトルとURLをコピーしました