梅雨デートで男性が気を付けるべきこと5選

飲食店デート攻略法

大塚良介です。

本日も僕が約20年間飲食店で見てきたカップルやモテ男たちの言動をもとにデートで使えるテクニックについてお伝えさせていただきます。

雨の日もデートがしたい、でも断られたら・・・

雨でも好きな人に会いたいんだよ!

ほんと雨は辛いですよね、店側も来客が減って大変です

梅雨の時期は女性にキャンセルされたり、急な雨に降られたりいろいろ不都合があります。

そこで梅雨の時期でもデートで失敗にしないために、男性が準備しておくべき行動についてまとめました。

それではどうぞ!


書籍『モテ男がやっている!また会いたいと思わせる飲食店デート攻略法』好評発売中

店選び

お店選びはデートを成功させるための最重要項目です。

でも梅雨の時期というのはまた一味違います。

まずは天気予報が晴れ/曇りでも雨が降る前提でいたほうがいいです。

そうなると外を歩かなくてはたどり着けないお店ではいけません。

雨でも傘させばいいじゃん、そんなにめちゃくちゃ遠くなければいいっしょ!

はぁ、女性というものをわかっていないようですね

女性はこのデートのために普段よりもお気に入りの服や購入したてのものを身にまとってデートに来てくれるわけなんです。

ほんとに神様と思って接しないとダメですよね

そんな時に雨の中を歩かせたら

・上着は濡れて透けてしまう

・ロングスカートや靴が汚れる

・風を引きやすい

などのマイナス要素があるのです。

女性は男性の数百倍外見を気にするということはご存じですよね。

雨の日は一歩も外を歩かさない、一滴も濡らさないくらいの意気込みでいてください

そうなればお店は

地下街

駅に直結した商業モール

・商店街の中

に限られてくるわけです。

その中から食事のお店と二軒目のBAR(CAFE)を決めておきましょう。

予約を必ずする

先述したように上記の雨に濡れない場所のお店に行くわけですが、もちろんほかの人も同じことを考えています。

ということは雨の日は一つの場所に客が集中することになります。

お店の前まで言ったはいいが満席で入れなかった。

次のお店もいっぱいだった。

さぁどこ行こう・・・・と湿気ムンムンの中女性を歩かすわけにはいけません。

ですのでお店は必ず予約しておきましょう。

雨の日にデートをするなら予約は必須です。

お店に入れたということより、男性が自分のためにひと手間かけて席を押さえてくれたその行為に女性は嬉しくなるのです。

予約はモテ男達は必ずやっていることです。

無意識レベルで。

傘を忘れる

電車のなかにやお店に傘を忘れる方多いですよね。

女性と一緒にいるときも移動の際は「忘れ物ない?」とひと声かける習慣をつけておけば大丈夫です。

人の記憶は最初と最後が強く印象に残ります。

びしょ濡れで帰ると、デート中に楽しかった記憶も帰りに濡れて嫌な気分にかき消されてしまっては辛いですよね。

相合傘狙いでびしょ濡れ

体の物理的な距離は心の距離と比例します。

相手を恋愛の対象として見ていない場合でも、体の距離が近かったり、触れることで一気に意識が変わることも少なくありません。

その人の心理を狙ってか傘をわざと忘れて相合傘作戦に出たはいいが、女性の折り畳み傘が小さくて、右半身がびしょ濡れになってお店でずっと寒い思いをしたなんてことにならないようにしてください。

相手との身体的な距離を近づけたければカウンター席を予約してください。

これもモテる男たちが必ずやっていることです。

参考記事はこちら

↓   ↓   ↓

勝負服が乾いていない

この日のために洗濯。

でも思ったより湿気が多く乾いていない。

こんな経験ありませんか。

濡れたままの服を着ると気持ち悪いし、デニムなんかは生乾きの変なに匂いが・・・。

そんな最悪のコンディションにならないためにも早めに選択しておいてください。

まとめ

・地下街、商業施設、商店街といった雨に濡れない店を選ぶ

・考えることはみんな一緒、店は予約しておくこと

・傘を忘れない

・女性の持っている傘は結構小さい

・衣類は乾きにくい時期なので、洗濯を早めにしておく

どんなデートでも想定して、想像して準備をするのはモテ男になるためには当たり前のことです。

梅雨のじれったい季節も楽しいデートで乗り越えましょう。

書籍『モテ男がやっている!また会いたいと思わせる飲食店デート攻略法』好評発売中

コメント

タイトルとURLをコピーしました