【今夜決める】女性と一線を越える確率を上げる5つの条件

飲食店デート攻略法

大塚良介です。

本日も僕が約20年間飲食店で見てきたカップルやモテ男たちの言動をもとにデートで使えるテクニックについてお伝えさせていただきます。

意中の女性と・・・したい!

わかります。その気持ち。すべての男性が憧れていることです。

でもそんな思いはあっても実際はうまくいかないものです。

ただ確率を上げる方法はあります。

今回は一線を越える確率を上げる条件を5つ紹介します。

そのいくつかが重なった時にあこがれの女性と一線を越えることができるかもしれません。

書籍『モテ男がやっている!また会いたいと思わせる飲食店デート攻略法』好評発売中

条件①恋愛映画やドラマを見た後

一緒に恋愛ものを観ることで、登場人物やストーリーに引き込まれて感情が入り、恋愛モードになりやすいのです。

そのロマンチックな疑似体験をしている時に自分が一緒にいるという状況を演出しましょう。

そうすることにより「ドキドキしている瞬間に自分がいる」という習慣を相手脳の中に植え付けることができます。

仮にあなたが相手女性の恋愛対象外だったとしても、なぜかあなたを見ることによりドキドキしてしまうのです。

吊り橋効果と一緒ですね。

女性はこのドキドキは映画の影響であり、この隣の男性に対してではないと心の中ではわかっていても、この不協和を解消するために「この男性が好きだからドキドキしてるんだ」と脳が感情を変えてしまう。

これを心理学でいうと認知的不協和の解消と言います。

よってあなたに対してより恋愛感情が湧くようになります。

映画館、テレビ、スマホで一緒に見ることがベストですが、それが難しいときは昔見たことがある恋愛ドラマの感想を言い合うと少し気持ちが上がるので実践してみてください。

条件②アルコール

僕は恋愛関係に発展するのにアルコールは必須であるという考え方です。

もちろんシラフ状態で結ばれる方もたくさんいます。

でもアルコールが入ったほうが一線を越えれる確率はグッと上がります

理由は2つ。

「性欲が高まる」「判断能力の低下」です。

性欲が高まる

アルコールの摂取により男性ホルモンである「テストステロン」が多く分泌され性欲が高まります。

判断能力の低下

女性は男性と違い妊娠してから出産、子育てと時間と労力を要するため、セックスをすることに対して本能的に慎重になります。

しかし、酔うことによりその判断能力が低下して男性を受け入れやすくなるのです。

条件③睡眠不足 

睡眠不足=疲労

疲労もお酒と一緒で判断能力が低下します。

脳科学的に検証された結果です。

ただ男性は疲れると性欲が増す傾向にありますが、女性は逆で性欲が落ちる傾向にあります。

ではなぜ睡眠不足が一線を越えやすいかというと、女性は疲れている時に男性に対してときめく場合が多いからです。

疲労がたまっている時に「大丈夫?」や「がんばってるね」という優しい声をかけてもらうことにより恋に落ちやすくロマンチックな感情になることが多いのです。

もし女性の仕事のスケジュールがわかるなら、疲れていそうなときに声をかけるのもひとつの方法です。

条件④暗い場所

人は暗い場所にいると本能的になり、 性的興奮が増します。

これを暗闇効果と言います。

暗闇の中では閉塞感や不安を覚え、安心するために近くの人に触れたいと思います。また、人間は日中、相手の目や表情を見て心理状態を意識しながら会話をしますが、暗闇の中は表情が読まれにくいため開放的な気分になるのです。

条件⑤密室

当たり前ですが一線を越えるには密室に移動しなければいけません。

ですので自宅またはホテルの近くまたはタクシーで短時間で移動できる距離にいる必要があります。

ですのであらかじめ部屋を決めておいてから逆算してデートをする場所を決めるのもいいでしょう。

できれば自宅よりもホテルの部屋のほうがムードが出て事を運びやすくなるのでは。

まとめ

1.ロマンチックな気分を高める動画を見る

2.アルコールで性欲を高める

3.疲労時は女性をその気にさせるチャンス

4.暗闇に連れていく

5.ホテルを決めてその近くでデートをする

この流れだけでデートプランを考えると、映画館→レストランで食事→シティホテルのBAR→部屋

というプランがおすすめですね。

少し費用が掛かりますのでどうしても一線を越えたい相手の時はいいかもしれません。

BARで上手に口説く方法はこちらの記事を参考にしてください。

↓   ↓   ↓

ではまた。

書籍『モテ男がやっている!また会いたいと思わせる飲食店デート攻略法』好評発売中

コメント

タイトルとURLをコピーしました